製品情報

最も重要な機能だけに特化

パワコン1台1台が確実に動いているかという、最も重要な点だけに注力

価格の高い製品でもパワコン1台1台が本当に動作しているのかが判別できない製品が多くあるなか、SolarRemonはパワコンの稼働・停止の判定に特化して価格を抑えた太陽光発電所向け遠隔監視装置です。

最小構成で税込み24,800円から。
月々の通信費・サーバ代は税込み275円

SolarRemonは10年分の通信費・サーバ代のセット販売をやめ、Amazon Payによる月々の課金方式へと変更させて頂きました。利用料(通信費+サーバ代)は月額275円(税込み)です。是非、10年分の費用で比較してください。他社様のサービスでは年間使用料は18000円~36000円程度。SolarRemonは年間で3300円。既存の設備と入れ替えるだけで11ヶ月で元がとれる場合があります。

詳細:乗換で最大32万円オトク!

稼働率改善の為、高額製品が省いた機能に対応

高額な製品でも売電メーター直前の1箇所しか計測しない構成が多く見られますが、SolarRemonはパワコン1台ずつ個別の電流値を計測しています。

デモサイトを確認する

異常判定にはパワコン毎の監視が不可欠

青色だけが設備異常で出力が低下

こちらは同じ設備の異常発生時のグラフです。青色のグラフのみが他のグラフと明らかに異なっています。これはストリングのコネクタに異常が発生し、出力が低下していたときのもの。全てのパワコンを合算した値ではわからない問題でした。

異常を判別できない製品が多く存在

パワコンやパネルの異常にいち早く気づいて速やかに復旧させる事が目的の遠隔監視装置。太陽光発電が投資であれば、綺麗で賑やかな数字を眺める事が目的ではなく異常に気づいて復旧させる事が目的です。

この点において、目的を達成できない高額な製品が多く存在しています。

常識的な機能でも稼働率に寄与しなければ見直し&コストダウン

逆に、多くの監視装置が備えている積算売電量や売電金額の機能は備えていません。これらを備えても商品価格が上がるだけで稼働率の向上に寄与しないからです。

このように、稼働率に寄与しない一切の機能・部品を見直すことで大幅なコストダウンを果たしました。

抵抗1個から太陽光遠隔監視装置に最適化

パワーエレクトロニクスを専攻し、インバータ(≒パワコン)を自作できる技術者が無駄のない専用の回路を設計。使用しない機能を多く含んだ汎用計測器を用いないからコンパクトで低消費電力、そして低価格になりました。

メール通知にももちろん対応

停止時のメール通知にも対応

監視対象(グラフ表示を有効にしているセンサ)の出力が、9:00~15:00の間にどれか1箇所でもゼロとなった場合や停電、装置停止異常の可能性をお知らせするメールをお送りします。また、メールはdp3.jpドメインより送信されますので、dp3.jpからのメールが迷惑メールとして処理されないように設定をお願いいたします。

メーカー純正出力抑制機器の補助装置として

監視機能のない出力抑制装置が故障してしまうことがあります。故障してしまうと、系統側に電気が流れず、売電できなくなってしまいます。それを補う形で弊社装置の導入をおすすめ致します。

デモ機の貸出いたしております

試してみたい、電波が届くのか、などの解決にデモ機の貸出をしております。
「 solar-sales@dp3.jp 」までお問い合わせ下さい。

製品構成

SolarRemon Mini

多くの集電箱内に納められるよう小型化を追求。手のひらサイズになりました。

ラインナップはパワコン5台用と9台用の2種類

詳細は商品ページをご参照ください

ご不明な点はメールにてお問い合わせ下さい

ご不明な点は、「 solar-sales@dp3.jp 」までお気軽にお問い合わせくださいませ。