SolarRemon Mini 5A (AC100v)

サイズもミニ。価格も、もちろんミニ。

Softbank 4G LTEに対応。最大10年分の通信費込みで5万円(税別)から。最大5台監視&ACアダプタタイプ。

手のひらサイズの遠隔監視装置

タカチ電機工業社製PFF10-2-7W

ケース寸法は幅124.3mm、奥行き67.3mm、高さ22.5mmというコンパクトサイズ。手のひらに収まるサイズですが、パワコン5台の出力電流監視に対応した太陽光遠隔監視装置です。

コンパクトだから、無理なく集電箱に

Solar Remon Mini 5AはAC100v電源が必要です。集電箱にコンセントが無い場合、施工業者様にコンセント設置をご依頼頂くか、バッテリ駆動版をご検討ください。

でも、性能はミニではありません。

「複数」の電流を5分毎に計測。約30分毎に更新

電流グラフは5分間隔で計測、約30分毎に更新されます。低価格化の為、電流値の分解能は約0.4Aとなりますが出力低下や停止を判断する為に必要な情報は十分備わっています。

実は、異常を判断出来ない遠隔監視装置が多い

SolarRemonの数倍程度の価格を設定されている遠隔監視装置でも、1箇所(同一ブレーカーに2個の電流センサを付けても1箇所としてカウント)の電流しか測らない製品がいくつも見られます。異常か、正常かは他のパワコンの出力と比較して初めて分かるもの。パワコン毎の比較ができない遠隔監視装置は、監視の意味がありません。

他の出力電流と比較して、初めて異常と判断できます。

上のグラフはストリング配線異常により1系統のみ出力が低下した場合のものです。1箇所しか計測しない遠隔監視装置では全てのパワコンが異常停止しないかぎり値がゼロになることがありません。曇天や雨で出力が低下しているのか異常停止によるものなのかの判断ができないのです。これでは、遠隔監視装置の意味がありません。

SolarRemon Mini 5Aなら1台で5つの電流センサに対応

SolarRemon Mini 5Aは、本体1台に対して5つの電流センサに対応しています。パワコン同士で出力を比較できるので、グラフを見ただけで異常に気づく事ができます。

5.5kW x 9台構成ならMini 9A/Bを1台で

SolarRemon Miniは、5万円(税別)という本体価格のなかに10年分の通信費が含まれています。SolarRemonを2台、3台と増やして設置していただいても、通信費のご負担は変わりません。低圧50kW向けに多い5.5kW x 9台構成の場合は、SolarRemon Mini 9A/Bを1台設置することでランニングコストを増やすこと無くお使いいただくことができます。

パワコン停止時にメールでご連絡

もちろん、メールによるエラーレポートにも対応しています。メールの送信条件は規定時刻内にパワコンの出力電流が0になった場合はメールにてお知らせします。

温度もグラフ表示

装置の安定稼働のため機器温度の値も計測しています。機器の動作保証温度が-10度~40度とされるため、保証温度外の場合は機器内部で代表値を保持。温度が動作保証温度内に復帰した時に保存した代表値を送信します。(代表値送信時は、情報が約30分間隔に間引きされます)

低価格でも高性能の理由

自前で電子回路の設計ができる

既存の遠隔監視装置ベンダー様の多くはPanasonic社製のパワーメーター等を用いて電力を計測しています。これに対して当方ではパワーメーターに相当する回路から自前で電子回路の設計を行っています。

これらのパワーメーターは瞬間電力にも対応するため、1つのブレーカーに対して2つの電流センサを要求します。ですが、20ミリ秒以下の瞬間値を必要としないのであれば1つの電流センサで十分であり、それ以上は価格を押し上げるムダでしかありません。

このような「ムダ」を徹底して排除することで、¥54,000-という価格が実現しました。

常識に、敢えて疑問を

SolarRemonでは電流値表示のみに限定し、電力や金額表示は敢えて除外しました。

電力表示に対応させるためには追加の機材が必要になったり、ソフトウェアの開発が必要になります。そのための費用は製品の販売価格へと転嫁されます。

電力がわかっても運用利回りは良くはならない

太陽光発電は趣味ではなく投資です。運用利回りで考えなくてはなりません。電流値に追加して電力や金額がわかることで、パワコンの異常停止やパネル異常が更に多く見つけられるでしょうか? 開発担当者はパワーエレクトロニクス系の研究室出身で、パワコンと回路構成の近いインバータという装置を研究していました。電流に影響を与えずに電力や金額だけが悪化する条件は今の所、見つけることができません。

利回りが改善しない機能を盛り込む事は「マイナス」

機能を追加する場合、何かしらの形で必ず製品価格へと転嫁されます。製品価格の悪化は運用利回りの悪化に直結しますので、利回りを改善できない機能は「マイナス」しかありません。

「利回りを改善するか」を基準に徹底してムダを排除するのがSolarRemonの特徴です。

乗り換えで最大32万円もオトクに

他社製品から乗り換えでも、10年で最大32万円程オトクになります。詳細はこちらを御覧ください。

製品仕様

型番SR182-A5W
サイズ12.4cm x 6.7cm x 23cm (ケース部分のみ。アンテナ、端子部含まず)
定格電流センサ:0~100A AC (50Aのブレーカーまでを推奨)
アダプタ:AC100~240V 50/60Hz
消費電力最大:4.5W 平均:1W
動作温度-10℃~40℃ (通信動作)
-20℃~70℃ (システム動作)
但し結露なきこと。
無線通信Softbank 4G LTEエリア
3GPP FDD-LTE Release 10
Uplink 1920 – 1980 [MHz] / Downlink 2110 – 2170 [MHz] (Band 1)
Uplink 880 – 915 [MHz] / Downlink 925 – 960 [MHz] (Band 8)
付属品本体
電流センサ1個(電力ケーブルの直径12mmまで対応)
ACアダプタ
注意事項-10℃未満もしくは40度以上になった場合、アンテナ保護の為情報の送信は保留されます。
別売品以下の部品は必要な長さの物を別途お買い求め頂く必要があります。

  • コンセント~本体間を接続する為の電源延長タップ
  • 2台目以降の電流センサ

こちらの製品は弊社ショッピングページよりお買い求め頂けます。

ご不明な点は、「 solar-sales@dp3.jp 」までお気軽にお問い合わせくださいませ。